奨学生の成長のために、本気で向き合う

このホームページでも登場している、桜井さん、山口さん、西さんの

奨学生受け入れ店舗の所長として活躍されている大澤さん。

たくさんの奨学生とお仕事を通じてふれあう中で大切にしていること。

大阪朝日奨学制度は、フレッシュで、希望を持った学生の皆さんが

お店の現場に入ってくれるということで、私たちスタッフにとってもとても刺激になっています。

学業を続けながら、また若い頃特有の悩みも抱えたりもしながらと仕事をする。

しかも大きな責任を抱えて毎日の仕事に取り組まなければならないという環境の中で

厳しくて大変なことではあるんですけども、その中でも頑張り抜くことで

得られることも非常に大きいと思っています。

奨学生の方に対しては甘やかすのではなくて、厳しく指導はしますし

本当につまづいている時には最後まで支えるという姿勢で臨んでいます。

奨学生の方には、一日一日の積み重ねを実感してほしいと思っています。

四季折々毎日変わる朝の風景に目を向けると、とても美しいことに気がつきます。

配達が終わる頃にちょうど朝日が昇ってくる。

それを見るだけで私は幸せな気持ちになることがあります。

そういう素晴らしさを、ぜひ存分に味わってもらいたいな、と思っています。

仕事の上でも、毎日の積み重ねでどんどん向上していく。

今日はここが課題だったから、明日はこうしてみよう。

そしてそれができた。次にまた課題が浮上してきたから次はこうしよう。

そういった日々の自問自答が奨学生を強くし、

立派な大人への基礎づくりができていくのだと思います。

今まで成長しなかった学生の方はいないですし、

どんな学生の方でも、しっかりとした将来の目標と向上心が

あれば必ずうまくいきます。また、うまくいくように私たちもスタッフ一同

全面的にバックアップいたします。

奨学生の皆さんの成長を見ることが私の大きな喜びでもあるんですよね。

ぜひ覚悟を決めて、飛び込んでみてください。